四季のたより

お家で楽しむ歳時記・季節の行事・楽しみ方など、またイベントや雑学などを紹介します。

年中行事 歳時記

11月 霜月(しもつき)の二十四節気と七十二候カレンダー

2016/10/16

%e3%82%ab%e3%83%af%e3%82%bb%e3%83%9f%e9%a3%9b%e7%bf%94
11月 霜月(しもつき)は、武士(さむらい)の月

武士の士は、十と一で11を表します

二 四 六 九 士(さむらい)の月、
2月・4月・6月・9月・11月は、1ヶ月が30日
2月だけ、通常28日、閏年で29日です。

にしむくさむらい(西向く武士)と覚えます。
昔の人は、”とんち” が効いています。

他の、1月、3月、5月、7月、8月、10月、12月は
1ヶ月31日あります。

11月 霜月(しもつき)は、二十四節気(にじゅうしせっき)ほか
どんな年中行事、イベントがあるのでしょうか。

スポンサードリンク

11月 霜月(しもつき)は、冬の気配を感じる月

11月の二十四節気は、立冬(りっとう)と小雪(しょうせつ)

現実的には、紅葉が盛り(さかり)で
紅葉狩り(もみじがり)に行きたくなる季節です。

立冬(りっとう) 11月7日頃
冬が立つ、そろそろ冬の兆し(きざし)があるよ・・・
という意味です。

冬の季節風、最初の木枯らし、木枯らし1号が吹くのもこの頃

立冬は11月7日頃、4年に1度11月8日になります。

閏年(うるうどし)になるのではなく、前の年が11月8日に
なるので、次にくる年は2019年です。

霜月には期間としての考え方もあり、次の二十四節気、小雪までの間を
立冬という場合もあります。(11月7日ごろから11月23日まで)

小雪(しょうせつ) 11月22日頃
寒さはまだそれほどでもない時期ですが、初雪が舞うころ。
山頂がうっすら白く、雪がちらつくこともある頃なので、小雪

朝晩の冷え込みがあり、気温の差に気を付け風邪をひかないように。

11月 霜月(しもつき)旬の食べ物・旬のもの

サツマイモ

野菜としては、立冬のころはサツマイモ、里芋、レンコンなどの根菜類
小雪のころは、大根、白菜、九条ネギ、みかんなど

魚介類は、立冬のころは、マグロ、コハダ、生ガキ、
小雪のころブリなど

お花は、立冬のころは、お茶の花や山茶花(さざんか)など
ツバキ科の冬の花が咲き始めます。お茶の花は白くてかわいいです。

山茶花の花は、白い色の花や赤い色の花、またピンクの花もあります。

また、小雪のころは、千両、万両の実が赤く色づき始めます。
だんだん寒さと年の瀬を感じ始める11月の下旬ごろ

小雪のころから、鳥のカワセミの繁殖期に入ります。
カワセミは「青緑の宝石といわれるほど、きれいな鳥です。
普通は池や川の淡水のところに生息しています。

でもとても敏感な鳥ですので、なかなか姿を見ることができません。

カワセミは望遠カメラでないと、
まずシャッターチャンスがないと思います。

スポンサードリンク

日本の行事・イベント

カレンダーのように日付順に書いています。
日本の歳時記って面白いです。
 

酉の市 とりのいち

縁起熊手で開運招福

11月の一番最初の酉の日、11月11日ごろ

縁起熊手を買って、開運招福を祈ります。

小さい熊手から初めて、1年ごとにだんだんと
少しずつ大きな熊手にしていきます

去年かった熊手は、お正月のお札(おふだ)のように
神社にお返しし清めてもらいます。

福は玄関からやってくるので、福をかき集める印象でしょうか
玄関の入り口に向けて少し高いところに飾ると、よりご利益がいただけるそうです。

2016酉の市はいつ?新宿花園神社は?浅草鷲神社の開催時間は?

 

亥の子の祝い

亥の日亥の刻(21時~23時)11月13日ころ
イノシシが子供をたくさん産むことから、子孫繁栄、無病息災を祈り
収穫のお祝いました。

主に西日本で行われている日本の行事です。

稲刈りの終わりに「田の神様」に感謝しお供えします。

亥の子餅は、収穫した年のお米で餅を作り
胡麻、小豆(あずき)栗の3色の餅
または牡丹餅(ぼたもち)地域によって違います。

イノシシの子供「ウリボウ」に似せた亥の子餅 丸や楕円形のお饅頭です。

%e4%ba%a5%e3%81%ae%e5%ad%90%e9%a4%85
http://www.sandiegotown.com/より

こんな感じです。

昔は、猪(いのしし)は火を防ぐ縁起の良い動物なのだそうで、
冬用の衣替えというか、こたつや囲炉裏(いろり)
などもこの日に出して冬に備えたそうです。

お茶の世界では、この「亥の子」の日から冬の季節に代わります。
茶室の備え付けの冬用の
(ろ)に替えてお点前が始まります。
 

七五三

明治時代に
「髪置の儀(かみおきのぎ)」
「袴着の儀(はかまぎのぎ)」
「帯解の儀(おびときのぎ)」

の3つの儀式を1つにして、今の七五三の形式になりました。

男の子は、3歳と5歳 髪置と袴着
女の子は、3歳と7歳 髪置と帯解に
七五三をします。

七五三

昔は子供の生存率が悪く、成長を祈り数えの年にお祝いしましたが
今は満年齢でお祝いしていますね。

七五三の由来としては
平安時代の中期に皇太子が3歳になった年に成長のお祝いしたという説

5代将軍徳川綱吉が、体の弱い息子が無事に5歳になったお祝いに、
健康と長寿を願い「袴着の儀(はかまぎのぎ)」をしたのが
11月15日だったので、七五三は11月15日になったという話もあります。

いまは11月15日前後のお日柄の良い日に、それぞれの家庭が
お祝いをしています。

ちなみに千歳飴の数は、年の数だけ袋に入れるのが良いとされています。

千歳飴

数え年の数え方
生まれた年を1歳と数えます。
12月に生まれても、年を越せば2歳になります。

1月1日元旦に生まれた子と同じ年の大晦日の日に生まれた子とでは
同じ2歳でも、ずいぶん違います。

親子で楽しむ七五三ネイル
 

ボジョレーヌーボー

今年初めて作った若いワインの解禁日です。
この年のワインの出来がよいか悪いかを占う大事なイベント

毎年11月の第3週 木曜日が解禁日。

日本が先進国の中で一番早く解禁されるので、
イベントとして、とても盛り上がります。
楽しみにしている人が多いですね。

%e3%81%a9%e3%81%86%e7%95%91-1

ボジョレーヌーボー解禁日木曜日の謎!簡単なボジョレのつまみの作り方
ボジョレ・ヌーボー解禁日2016!「ワイン列車」走る!

 

新嘗祭(にいなめさい

天皇がその年の新米を食べて1年の収穫を祝う日
新暦では11月23日と定められています。

一般の人が新米を食べるのは、新嘗祭の後になります。

 

11月の二十四節気と七十二候カレンダー

今のカレンダーにも十分引けを取らない素晴らしい暦ですね。

二十四節気
立冬(りっとう)11月7日頃
小雪(しょうせつ)11月22日頃

七十二候
二十四節気をさらに5日ごとに3つに細かく気候を表現したもの。

山茶始開 つばきはじめてひらく   11月7日頃
三茶は山茶花(さざんか)のことでツバキの仲間で、初めて花が咲くころ

地始凍 ちはじめてこおる    11月12日頃
地面も凍りはじめ、朝には霜が降ることもある。
ますます寒さが増し冬の季節が始まる。

金盞香 きんせんかさく    11月17日頃
スイセンの花が咲き、よい香りが周りにたちこめる。
金盞(きんせん)はスイセンの別名です。金杯の意味がある。

虹蔵不見 にじかくれてみえず   11月22日頃
冬になると空気が乾燥して、日差しも夏のように強くなく
虹が見える機会がなくなるほど寒くなるたとえ

朔風払葉 きたかぜこのはをはらう 11月27日頃
木枯らしのような寒い北風に、木の葉が落ちて葉が積もる様子

橘始黄  たちばなはじめてきばむ  12月2日頃
橘(たちばな)は古くから自生する日本で唯一のカンキツ類の木で
葉は、年中青々と繁っているが、この頃になると
橘の実が黄色く色づき始める

二十四節気と七十二候は、本当に情緒あふれるカレンダーです。

11月・霜月カレンダー

11月 霜月しもつき 二十四節気 立冬 小雪 七十二候

雑節はありません。

-年中行事, 歳時記