四季のたより

お家で楽しむ歳時記・季節の行事・楽しみ方など、またイベントや雑学などを紹介します。

ライフスタイル 歳時記

神社の正しい参拝法と神社めぐり

2018/10/05


伊勢神宮の動画がありました。

せっかくですから
伊勢神宮にもお出かけください(笑)

伊勢神宮は国をつかさどる大神様です。
大きな願い事をお願いしましょう。

具体的な個人のお願いは、産土神社でお願いするのが良いようです。

産土神社とは、生まれた時にお宮参りした神社。
もしくは今住んでいるところの近くの神社に参拝しましょう。

スポンサードリンク

正しい参拝法

神社に入るときから
神社のお作法は始まっています。

まず入り口の鳥居の前で
軽く一礼して入ります。

真ん中は一番尊い場所である
ので、真ん中は歩きません。

参道の右端か左端を歩きます。
そして第一歩目も大切で

左端を歩くときは左足から

右端を歩くときは右足から

一歩目を出します。

理由は、
尊い真ん中にお尻を向けないようにするためです。

次に、手水(ちょうず)で手を洗います。

 

手水の方法と礼拝の仕方

手水の漢字を見るとわかるように
手を洗う場所です。

神社には龍の口からお水が流れて
ひしゃくで水を汲み手を洗う場所です。

必ず龍がいるわけではありませんが・・・

 

手水の方法

手を洗う場所は神社に行けば
たいていありますので
手水の方法は、知っている方も多いと思います。

しかし注意する点として
柄杓(ひしゃく)で水を汲みますが
汲んだ水の上で、手を洗わないこと。

また左手で水を受け口をすすぎますが
その後、もう一度左手を洗い忘れない事

これをうっかり忘れている人もいるかも

手水の使い方

1.ひしゃくで水を汲みます。

2.左手を洗います。

3.右手を洗います。

4.左手に水を受け、口をすすぎます。

5.左手を再び洗います。

6.ひしゃくの柄(持ち手)を洗います。

7.元に戻します。

一連の流れが解ります。
動画をご覧ください。

 

 
二礼二拍手、一礼で神様にお祈りします。

拍手の打ち方、鈴の鳴らし方、お辞儀の深さなど

注意して理解するとことはいっぱいあります。

 

礼拝の仕方

1.軽く礼をして、お賽銭を入れる。

2.鈴があるときは鈴を鳴らします。
  強く降りすぎなくても大丈夫です。

3.二回深くお辞儀をします。

4.二回拍手をします。
  まず手を合わせ、片方の手を少しずらします。
   伊勢神社参拝の女性が行っています。

5.お祈りをします。

6.深くお辞儀をする。

人でもそうですが、礼儀を尽くせば
人も気持ちよく引き受けてくれます。

神様も同じだと思います。

きちんとルールを知って
シッカリと願いを叶えていただきましょう(笑)

スポンサードリンク

まとめ 身近な願いは産土様へ

身の回りのことや私的なお願いは
産土神社(うぶすなじんじゃ)が向いています。

産土神社とは、自分が生まれ育ったところにある
神社のことです。

七五三で両親に連れて行ってもらった神社が
一般的に自分の産土(うぶすな)様です。

でも引っ越しなどで遠くなってしまうこともありますが
住んでいる近くの神社がうぶすな様です。

特別なお願いに特化した神社もありますが
自分の住んでいる地方の身近な神様に
お願いするのがよさそうです。

できるだけ近場の、自分にとって
身近に感じる神社にお願いするのが
ご利益が早いと聞いたことがあります。

神社めぐり&初詣

・恋愛運UP
【九州】恋のパワースポットで恋愛運UP!開運ドライブ

・金運UP
金運神社九州宝くじの聖地2社!この怪しさがたまらない!?

・健康運UP
健康運UPのお参り!神社や地蔵様【九州】

-ライフスタイル, 歳時記