四季のたより

お家で楽しむ歳時記・季節の行事・楽しみ方など、またイベントや雑学などを紹介します。

歳時記

旧暦と新暦とは何?しっくりこない季節感と年中行事

2a1380_001095

今のカレンダーでは、なぜかしっくりこない季節感。

3月3日の桃の節句では、まだ桃の花は咲いていない。
9月9日の菊の節句では、まだ菊の花は咲いていない。

2月は一番寒いのに、もう暦の上では春だとか
何となく現代の暦では実感できないこともあります。

しっくりこない季節感ってなぜなんだろうという
素朴な疑問が起きてきました。

また最近、昔からあるいろいろな季節を感じる行事を
家庭でもっと楽しみたい
とも思い始めていましたので。

スポンサードリンク

旧暦と新暦の違いとは?

簡単に言うと、旧暦は月を基準とした暦(こよみ)で
新暦は太陽を基準とした暦です。

昔は今のように街灯もなく、
月の明かりだけが頼りのとても不便な生活でした。

だからこそ満月など大きな月の時は、夜も明るいけれど
新月などのように少ししか月明かりが見えないときは
何も見えないとても不便な夜を送ることになります。

ろうそくも行燈(あんどん)に使う油も
当時はとても高価なものでした。

また、1日2回起こる海の満潮や干潮は、主に
お月さまの引力により起こるものです。

だからお月様の動きはとても昔の人たちには
大きな関心ごとだったと思います。

%e5%9c%b0%e7%90%83%e5%84%80

しかし、農業の目安にするには、
お月様を基準とする暦(旧暦)では
季節が食い違ってきます。

農業の種まきや収穫には、陰暦だけでは
季節が合わなくなってきてしまいます。

むしろ太陽を基準とした方が、
農業をする上では、より大切な暦(こよみ)
でした。

お月さまを基準とすると、
1カ月の日数が太陽暦よりも日数が少ないので
だんだん季節がずれていってします。

陰暦(旧暦)の日付では、毎年同じ季節や気候というわけにはいかず
正確さにかけるので農業をするためには不便でした。

それで太陽を基準とした暦の二十四節句(にじゅうしせっき)
七十二候(しちじゅうにこう)ができました。

江戸時代では太陽基準の太陽暦と
月基準の陰暦を合わせた太陰太陽暦という
旧暦が使われていました。

二十四節句(にじゅうしせっき)とは

太陽を基準にした暦で、
1年を24に区切って1年の季節を表現しているのが
二十四節句です。

立春から始まり大寒で終わります。

旧暦では、主になじみのあるものを例にあげると

「立春(りっしゅん)」が、正月
「春分(しゅんぶん)」が 2月
「夏至(げし)」   が 5月
「秋分(しゅうぶん)」が 8月
「冬至(とうじ)」  が 11月
です。

新暦では、
「立春(りっしゅん)」が 2月4日ごろ
「春分(しゅんぶん)」が 3月21日ごろ
「夏至(げし)」   が 6月21日ごろ
「秋分(しゅうぶん)」が 9月23日ごろ
「冬至(とうじ)」  が 12月22日ごろ
です。

%e8%a5%bf%e6%b4%8b%e3%82%ab%e3%83%9c%e3%83%81%e3%83%a3%e3%81%a8%e9%bb%84%e8%89%b2%e5%8d%97%e7%93%9c-2

七十二候(しちじゅうにこう)とは

二十四節句をさらに3つに分けたのが七十二候です。

5日ごとに季節をうまく表現しています。
昔の人たちの感性に、とても感動します。

雑節(ざっせつ)とは

二十四節句とは全く別で
庶民の生活の中から生まれた季節感覚で
季節の節目です。

節分八十八夜など季節の代わりを
肌で感じ、季節に敏感な日本人が生み出したのが雑節です。

豆まきや茶摘みなどは、今も年中行事として
生活の中に根付いていますよね。

スポンサードリンク

旧暦と新暦の季節感

旧暦と新暦では、日付としては1か月ほどずれてまうので
季節の感じ方も少し違います。

旧暦では、二十四節句の「立春」から「立夏」までが春で
立春が旧暦ではお正月でした。

また旧暦の季節の感覚としては、

正月から3月までが春
4月から6月までが夏
7月から9月までは秋
10月から12月が冬

と感じていたようです。

新暦、今現在私たちが生活している季節感は

気象庁の定義?では、
春は3月~5月
夏は6月~8月
秋は9月~11月
冬は12月~2月、です。

確かに学校では一番寒い月は2月だと教わりました。

%e8%8a%b1%e3%82%82%e3%82%8203-2

日本の四季を楽しむことは生活を豊かにする!

しかし、二十四節句や雑節などは、
私たちが、今、使っているカレンダーの中であれ、
四季を感じる年中行事は、私たちの生活の中にあります。

日本の四季を楽しむことは、
とても生活を豊かにし、今の私たちには
とても癒される行事であると思います。

西洋から入ってきた、クリスマスやハロウィーンなども
季節のイベントとして上手に取り入れています。

季節を楽しむ力は、昔の人々から受け継がれてきた
日本人の才能だと思います。

%e3%83%8f%e3%83%ad%e3%82%a6%e3%82%a3%e3%83%b3

これからも、歳時記・日本の行事を
どんどん生活の中に取り入れ
日本の1年を楽しもうと思います。

これからもどんどん書いていきますので
楽しみにしていてくださいね。

-歳時記