四季のたより

お家で楽しむ歳時記・季節の行事・楽しみ方など、またイベントや雑学などを紹介します。

レシピ 歳時記

おせち料理の詰め方と作り方 簡単一段重

2018/10/12

おせち料理一段重

正式なおせち料理は、五段重です。
それぞれの重箱に意味があり、詰める料理もほぼ決まっています。

現代では五段重を用意する家庭は、大家族か、
先祖代々受け継がれお正月の風習を受け継いでいる家庭とか
少数派だと思います。

私たちが、各家庭で略式におせちを用意するとき
簡略化された一段重でも、十分お正月を楽しめると思います。

その中でできれば用意したい料理をまとめてみました。

日本で縁起がよいのが奇数とされ、盛り付けは奇数の料理を詰めます

スポンサードリンク

市松詰め一段重の詰め方

お屠蘇(おとそ)の肴(さかな)とされる三つ肴に区分される料理は

関東地区では、黒豆、数の子、田作り
関西地方では、黒豆、数の子、たたきごぼう
とされています。

三つ肴、合計4品は、1段重の献立メニューには
たいてい含まれています。

お屠蘇の作り方

まず奇数9品で、詰める料理と詰めていく過程を見て参考にしてください。
 

【動画】1段重の詰め方


 
動画で、黒豆が入っているゆず釜は、柚子の上から2~3割ほどの
ふたになりそうなところで横に切って、底に穴が開かないように
スプーンで中身をくり抜きます。
 

1.紅白かまぼこ

紅白かまぼこ
かまぼこの形が日の出に似たかたちで
日の出を表すものとして、おせちには必須の
アイテムかまぼこ。新しい門出を祝う。

 

2.数の子

数の子
数の子は、鰊(ニシン)の卵で卵です。
卵の数が多い数の子は子孫繁栄を祈ります。

作り方参考⇒ おせちの中身 作り方と詰め方

 

3.伊達巻

巻物は大切なものを象徴すします。
巻いてある意味として、結ぶ・むつむ(睦)を表す

【動画】伊達巻の作り方

 

4.黒豆

まめに働けるようにという意味です。
は昔から邪気を払う色とされていました。

【動画】黒豆の作り方

 

5.紅白なます

もともとは生の魚も材料に入っていて
人参と大根と生の魚を酢で作った料理だったので
なますと言います。

今は紅白の人参と大根の酢の物

【動画】紅白なますの作り方

 

6.昆布巻き

こぶとよろこぶ、漢字で「子生」ともいうそうです。
家族発展を祈る

 

【動画】ゴボウが芯に入った昆布巻き


 
材料
かんぴょう  1袋
利尻昆布   2袋
ごぼう    太いところ計100cm

米      大さじ1
酢      大さじ1
塩      大さじ1
砂糖     大さじ6
しょうゆ   大さじ2.5

砂糖   大さじ1
しょうゆ 大さじ0.5
 

7.栗きんとん

きんとんとは金団と書き、小判のことをいう。
金団(きんとん)で金運を表す

【動画】栗きんとんの作り方

栗きんとん材料

さつまいも   大2個
グラニュー糖  300g
栗       10個
栗の蜜     大さじ5
赤酒(みりん) 大さじ3
くちなしの実  2個

 

8.たたきごぼう

叩いて身を開き開運を祈ります。
ゴボウは深く根を張るということから
子孫繁栄をあらわす。

【動画】たたきごぼうの作り方

たたきごぼうの材料

酢    大さじ4
砂糖   大さじ3
だし汁  1/4カップ
塩    1つまみ
白醤油  大さじ1

 

9.田作り(ごまめ)

ごまめとは、カタクチイワシの素干しのことを言います。
カタクチイワシを肥料にしたら豊作だったので
田作りと呼ばれるようになった。

【動画】田作りの作り方

田作りの材料

ごまめ   30g
醬油    大さじ1
砂糖    大さじ1
いりごま
鷹の爪 

スポンサードリンク

 

まとめ

おせち料理はは年神様と一緒に食べるもので
お祝い用の特別なお箸でいただきます。
 
祝箸について
おせちは年神様にお供えしたあと、
神様と一緒に新しい年を祝いおせち料理をいただくものです。

祝箸は箸をつつむ袋に、水引や寿の字が書かれています。

箸の両端は、片方が神様が使うために
もう片方が人が使うために
細くなっています。

 
祝箸
 

神様とともにおせち料理をいただくという意味がこもっています。

お雑煮

元旦はおせち料理とともに雑煮も食べます。

地方により、お雑煮の作り方が違いますが、
主に関東地方は、角餅を焼いて醤油仕立てのお雑煮で
関西地方は丸餅でみそ仕立の習慣があるようです。

また、餡をいれてたべるところもあり、
日本全国、いろんなお雑煮を食べてみたいですね。

 

-レシピ, 歳時記
-, ,